育毛関係用語集

薄毛・抜け毛が改善

諦めるのはまだ早い!

おすすめ育毛剤

育毛関係用語集(50音順)

【あ行】

 

○亜鉛
髪の毛は、そのほとんどがタンパク質で構成されています。
正確にはケラチンタンパク質と呼ばれる物質でできていますが、この物質を構成し髪の毛となるには亜鉛が必須の要素となります。
どれほど十分にタンパク質をとっても、亜鉛が不足してしまうと髪には悪影響で、両方をバランスよく摂取する必要があります。
また、亜鉛には脱毛を防止する効果も認められています。
現代の食生活だと不足しがちな栄養素なので、サプリメントなどで補うといいかもしれません。
亜鉛詳細

 

○アンドロゲン
男性の薄毛の原因として、AGAがあります。AGAとは、男性型脱毛症のことであり、生活習慣乱れや栄養バランスの偏り、遺伝、男性ホルモン、精神的なストレスなど、複数の要因が積み重なって薄毛が進行してしまうことをいいます。
男性ホルモンは、正式にはアンドロゲンといいます。アンドロゲンが分泌されると、ジヒドロテストステロンに変化します。これが毛根を委縮させ抜け毛を引き起こさせます。
これに対応するには、男性ホルモンを抑制させる育毛サプリメントやプロペシアの服用で育毛をしていきます。
アンドロゲン詳細

 

○医薬部外品
薬事法では医薬品、化粧品の中間にあたる物として位置付けられているのが医薬部外品です。
育毛剤などがこれに当たり、医薬品に比べると頭皮などへの効果が緩やかで、使用の際、処方箋も必要なく、医師や薬剤師から載説明がなくても入手する事が出来ます。
そこに配合される成分によっても効果・効能が変わるので、実際に購入する場合は育毛に対してどれだけ効果が期待できる成分がどれくらいの量配合されているかを調べてから購入する事が重要です。
医薬部外品とは

 

 

○AGA治療
AGA治療とは、専門病院へ行って、医師の診察を受け、プロペシアやミノキシジルなどの薄毛治療薬を処方してもらったり、頭皮に直接、育毛成分を注入するなどの治療を受けることです。
薬や注射を行えば、頭皮環境が改善され、脱毛しにくくなりますし、太くて丈夫な、健康的な髪の毛が生えてきやすくなります。
それでも効果がないときは、側頭部や後頭部の頭髪を移植する、自毛植毛を行えば、足りない部分に髪の毛を補えるので、まずは専門病院でカウンセリングを受けるようにしましょう。AGA治療詳細

 

 

○エラスチン
エラスチンとは、コラーゲンの線維をつなぎとめる様に支える働きがある弾力線維の事で、皮膚や血液に存在しているたんぱく質の一種です。
これが不足してしまうと肌が硬化してしまう事もあり、その結果、血流が悪くなってしまう事も珍しくありません。
育毛の為に利用する場合は、肌に柔軟性を取り戻し、血流を改善する事によって髪の毛に必要な栄養素を届けやすくするという効果が期待されて利用され、サプリメントなどで摂取する事が出来ます。エラスチン詳細

 

 

○FGF−10
薄毛に悩んでいる方にとって、治療のために用いられる発毛因子は、知っておくべきことの一つです。
発毛因子というのは、髪の毛を作りだす毛母細胞の細胞分裂を促進させる働きがあり、発毛効果が極めて高いのです。
その発毛因子の一つFGF−10は、1996年に発見されたもので、コラーゲンやヒアルロン酸も生み出すことから、アイチエイジングの効果も期待されるものです。
加齢によって衰えてしまった細胞分裂の勢いをFGF−10ならば取り戻すことが可能です。
FGF−10詳細

 

 

○FGF−7
FGFとは、様々な細胞に対して活性化を促す効果が期待できる分子となっています。
現在では23種類あり、その一つがFGF-7です。
各課細胞増殖因子や、角質細胞増殖因子と訳される事も多く、発毛、育毛に関しての効果も期待できる成分となっています。
実際にはFGF-7は毛乳頭細胞から生産されている成分で、毛母細胞に働きかける働きがあります。
また、髪の毛を成長させる成分として注目を集めている為、育毛剤にはそれそのものが配合されているのではなく、その生産をサポートする働きがある成分が配合されているのが現状です。
FGF−7詳細

 

 

○FGF−5
髪の毛は毛周期によって抜け生えを繰り返しますが、毛周期の成長期から後退期への切り替えのカギとなっているのが「FGF5」です。
FGF5は元々人間の体内にあり皮膚の健康を保つために重要な役割を担っているのですが、それが脱毛のシグナルを送っています。
FGF5が働かなければ、成長初期の毛が抜けてしまうのを防ぐことができ、成長期が長くなるため、髪の毛は長く太くなります。
そのため、育毛にはこのFGF5との関係が非常に重要となります。
FGF−5詳細

 

 

【か行】

 

○外毛根鞘
外毛根鞘とは育毛の上で最も大事な機関とされているもので、主に毛髪を支える役割を担っています。
そのほかにも髪が育つ際の周期サイクルに重要な働きをするので、この機関が働くなってしまうと髪を生産し育成、そして抜けにくくすると言うことが難しくなります。
外毛根鞘の働きをよくするためには、きちんとした栄養素をとり髪に栄養をまわすことが必要です。
他にも、頭皮の血行をよくし、毛穴に皮脂がつまらない頭皮環境を整えることで活性化します。
外毛根鞘詳細

 

○外傷性脱毛症
髪を強く引っ張ったり、頭皮を圧迫することによって、毛が抜ける症状です。

 

 

○加水分解酵母エキス
加水分解酵母エキスとは、酵母の加水分解作用によって得られた溶解液で、核酸、ビタミンB2・B6、アミノ酸などを豊富 に含んでいます。
傷ついた皮膚細胞を修復したり、お肌の乾燥を防ぐ効果に優れているため、保湿化粧水や、乳液、クリーム等の基礎化粧品に配合されています。
一方、加水分解酵母エキスには、過剰な皮脂分泌を防ぐ効果があることがわかってきました。
これは、頭皮環境を改善し、正常なターンオーバーを整えてくれるため、発毛促進、育毛につながります。
加水分解酵母エキス詳細

 

 

○グリチルリチン酸2K
グリチルリチン酸2Kは甘草由来の消炎剤で、古くから利用されています。正式名称はグリチルリチン酸ジカリウムといいます。
副作用が少ないといわれており、ニキビ薬を始めとして、シャンプーや石鹸、風邪薬、アレルギーに対する薬にも使われています。
一般的に最も知られているのは、ニキビ専用化粧水です。ニキビといっても赤ニキビの炎症をしずめる作用があります。
グリチルリチン酸2K配合の化粧水は、薄毛の予防というよりも、できてしまった頭皮の炎症に対する対処療法となります。

 

 

○ケラチノサイト
育毛・発毛にはまず頭皮や髪の状態を整えることが大切です。
そして育毛、発毛でケラチノサイトの分裂を促すことは有効だと言われています。
このケラチノサイトとは表皮を構成する主な細胞、角化細胞です。その角化細胞のことをケラチノサイトといいます。
毛髪ではケラチノサイトは毛母細胞と呼ばれていて皮膚と同じように分裂して新しくつくられ、皮膚では角質がアカとして剥がれ落ちるように、頭皮ではフケとして剥がれ落ちるます。
ですから新しくケラチノサイトが作られるよう、分裂を促すことが大切なのです。
ケラチノサイト詳細

 

 

○ケラチン
ケラチンは髪の毛の大部分を作るタンパク質です。18種類のアミノ酸で結合してできているタンパク質の総称になります。
とても弾力があって、繊維状の細長い形状のタイプです。人間の髪の毛だけではなく、爪とか、皮膚の角質層など、あらゆる面で活躍しています。
髪の毛の99%は、このケラチンが占めているくらい、髪の毛には欠かすことができない、重要な成分です。
アミノ酸組成は、大きく食事に影響されるため、日々の食事は大切です。
ケラチン詳細

 

 

【さ行】

 

○細胞活性アミノ酸
育毛をする上で重要な事の一つが、毛母細胞を活性化させる事です。
それによって発毛に対する指令などが伝わりやすくなる為、現時点よりもより髪の毛が生えてくる効果が期待出来ます。
そういう役割をする成分の一つが細胞活性アミノ酸で、現在では育毛剤に配合されており、その種類は何種類もあります。
育毛剤を選ぶ場合は、こういう点についてしっかりとチェックした上で、どういう成分が配合されているかを予め調べる事が重要です。
細胞活性アミノ酸詳細

 

 

○産後脱毛症
産後脱毛症とは、産後三か月前後からあらわれる脱毛症で、一気に大量の髪が抜けてしまうことが数か月続くというものです。
これは妊娠中に増えた女性ホルモンが減り、また授乳によって栄養がとられるので、一時的に髪が大量に抜けることになるのですね。
この症状はホルモンバランスが落ち着けば元に戻るものですが、あまりに抜け毛がひどくて気になる場合は、育毛剤を使うのもよいでしょう。
この際は、授乳に影響のない天然由来成分のものを選ぶと安心です。
産後脱毛症詳細

 

 

○シナノキエキス
シナノキエキスは別名「フユボダイジュエキス」とも呼ばれており、世界中に分布する植物であるシナノキの葉や花から抽出した液体です。
シナノキエキスの主な成分は、タンニン、フラボノイド配糖体などで、頭皮の保湿効果、頭皮の血行促進効果、抗菌効果、消炎効果、収れん効果などが期待できます。
抜け毛や薄毛の原因の一つとして「頭皮の血行不良」が挙げられますので、血行促進作用のあるシナノキエキスは育毛に効果を発揮してくれます。また、保湿作用などもあるので、頭皮環境を整えてくれる働きにも期待する事が出来ます。
シナノキエキス詳細

 

 

○ジヒドロテストロン(DHT)
DHTとは、ジヒドロテストステロンの略称です。
男性ホルモンの一種で、男性の悩みに多い脱毛作用があります。
これは皮脂腺と結合することで、過剰な皮脂分泌を促し、毛穴を防いでしまうため育毛を防いでしまいます。
毛の成長を妨げるだけではなく、もう乳頭の組織と結びつくことで脱毛を促しまう。
このようなサイクルが出来上がることで、男性の薄毛は起きてしまうのです。
頭が油っぽい、髪が薄くなってきたと悩んでいる方は、このDHTのせいかもしれません。

 

 

○ジフェンヒドラミンHC
ジフェンヒドラミンHCとは、ジフェンヒドラミン塩酸塩と呼ばれる物で、アレルギ−症状を抑える為に使われる成分です。
また肌の炎症を抑える効果が期待出来、血行促進作用もある成分としても有名です。
育毛をする場合は頭皮の血行改善も必要なのですが、ジフェンヒドラミンHCはその時の血行改善効果も期待できる成分となっています。
その為、多数の育毛剤に配合されており、それを塗布する事によって毛母細胞を活性化させる働きも期待出来ます。
ジフェンヒドラミンHC詳細

 

○センブリエキス
ここ数年、センブリエキスの育毛効果が注目を集めています。
センブリエキスには、育毛効果がある様々なエキスが含まれているのです。
髪の毛が育つためには、栄養がスムーズに血液によって運ばれる必要があります。
頭皮の血行に問題があると、髪の毛の成長が妨げられ、抜け毛が増える原因ともなります。
センブリエキスに含まれているスウェルチアニンやスウェルチアマリンには、毛細血管の血液の流れを活発にする作用があります。
そのため、毛母細胞などに栄養がしっかりと届き、健康な髪を育てることができるのです。
センブリエキス詳細

 

○セファラチン
セファラチンとは、もともと白血球が減少した時にそれを治療する薬として使われていたのですが、それ以外にも育毛に効果があるのです。
セファラチンには、血管を拡張させる作用があります。血管が拡張されるために、血流がよくなります。
血流がよくなるということは、頭皮にも血の巡りがよくなり毛根に栄養が行き届きやすくなります。
頭皮が冷たい人は抜け毛が多いのですが、血流がよくなることであたたかくなり、育毛効果があるのです。
セファラチン詳細

 

 

○セイヨウハッカ
セイヨウハッカはシソ科の多年草で、別名でペパーミントと呼び、ハーブや薬味に利用するほか、メントールの成分となります。
メントールには独特の芳香が特徴で、鎮静効果、細胞を活性化、成分の浸透促進作用などがあります。
また、皮膚に直接触れることで冷たい感覚を覚えるため、肌が引き締まります。
芳香による清涼感から、チューインガム、口中清涼剤、歯磨き粉、入浴剤などに使用され、刺激的な爽快感と浸透作用から、ヘアトニックや育毛剤などにも使用されています。セイヨウハッカ詳細

 

 

【た行】

 

○大豆イソブラホン
大豆イソフラボンとは女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをするもので、健康面や美容面で注目されているものです。
細胞にダメージを与える活性酸素の働きを抑制するので、更年期障害やガンのリスクの低下などに役立つとされています。
大豆イソフラボンに含まれるエストロゲンには髪の艶やハリをよくする効果もあり、新陳代謝の促進もあるので血行をよくし育毛のしやすい頭皮環境を作ることにも役立つでしょう。
エストロゲンは年齢と共に分泌量が減少するので適度な摂取が推奨されています。
大豆イソブラホン

 

 

○チョウジエキス
抜け毛の原因となる男性ホルモン(テストステロン)を活性化させる働きのある5α-リダクターゼの働きを阻害し、正常なヘアサイクルに導きます。
チョウジエキス詳細

 

 

○低分子コラーゲン
コラーゲンはアミノ酸が沢山結合している物で、そのままの大きさではなかなか吸収しづらいという点があります。
それを加熱・分解してサイズを小さくしたものが低分子コラーゲンと呼ばれる物です。
肌に良いというイメージがあるコラーゲンですが、実際には育毛の効果が期待できる成分として注目を集めています。
現在では、低分子コラーゲンを摂取し続けると、髪の毛が太くなったりしたという育毛効果を感じる人も少なくありません。
低分子コラーゲン詳細

 

 

○TGF-β
TGF−βとは、男性型脱毛症(AGA)の原因であるジヒトロテストステロンから生み出される物質です。
この物質は、髪の成長サイクルを壊してしまうのです。髪の毛は、成長期、後退期、休止期とありますが。
十分に成長しきっていないにもかかわらず休止期に入ってしまって髪の毛が抜け落ちてしまうのです。
この対策をするには、育毛に効果のあるサプリメントの服用や医療機関で診察してもらいプロペシア等の頭髪治療薬にて治療ができます。
TGF-β詳細

 

 

○テストステロン
テストステロンとは、主に男性に分泌される男性ホルモンの一種で、大半が精巣で作られます。
その働きは、性欲の亢進や生殖器の働きに影響を与え、髭や体毛の成長を促し、筋肉や骨格の形成にも役立ちます。
テストステロンが5αリダクターゼによりジヒドロテストステロンになると、前立腺細胞の増殖に働くのですが、髪の毛の毛包の受容体と結びつき、成長期の毛を退行期や休止期に導き、男性の脱毛の原因となります。
AGAの治療において、この5αリダクターゼを抑えるフィナステリドを服用すると、ジヒドロテストステロンが生じることなく、育毛に導くことができます。

 

 

【な行】

 

○ノンシリコンシャンプー
多くのシャンプーやトリートメントにはシリコンが配合されています。
シリコンが配合されることで、洗髪時のキシミを抑え、髪が絡まりにくくするためにコーティングとして使用されることが多いです。
しかし、よくすすいでも毛穴につまってしまう可能性が高く、シリコンが毛穴に蓄積されることにより、頭皮環境が悪化し、髪が不健康な状態になってしまいます。
髪と頭皮に良いシャンプーを選ぶことにより、健康な美髪への一歩となります。

 

 

【は行】

 

○バイオポリリン酸
バイオポリリン酸は、天然成分であるポリリン酸をベースに人工的に作られた育毛のための成分です。
ポリリン酸自体の働きとしては、腐食を防ぐ効果があるとされており、化粧品の成分に含まれていることもあります。肌の状態を改善したり、保湿の効果があり、バイオポリリン酸はこの保湿効果を頭皮に合わせて改良されているようです。
頭皮を乾燥状態から守ることで、髪の毛が育ちやすい環境を整えて、育毛がしやすい状態を促す効果が期待できます。
バイオポリリン酸詳細

 

 

○パントテン酸
パントテン酸はビタミンB群の一つであり、ビタミンB5とも呼ばれることがあります。
また、パントテン酸には動脈硬化予防、美肌効果、エネルギーの代謝補助、免疫力の向上などの効果が期待できます。
さらに、パントテン酸にはストレス緩和に重要な役割を担っている副腎皮質ホルモンの働きを促進させる効果が期待できます。
ストレスというのは、発毛や育毛をする上で大敵となります。そのため、それを軽減してくれるパントテン酸は、発毛や育毛に重要な栄養素となっています。
パントテン酸詳細

 

○ヒアルロン酸
ヒアルロン酸は、肌の水分を維持するための大切な成分です。
ヒアルロン酸というと、スキンケア効果がクローズアップされることが多いのですが、頭皮の潤いにとっても必要なものなのです。
頭皮が乾燥してしまうと、外からのダメージを受けやすくなります。
ヒアルロン酸は、頭皮の乾燥を防ぎ、毛細血管の拡張作用により、栄養が毛髪に届くようにサポートします。
そのため、ヒアルロン酸配合の育毛シャンプーやトリートメント剤が数多く販売されているのです。
ヒアルロン酸とは

 

 

○ヒオウギエキス
ヒオウギエキスとは、アヤメ科の植物であるヒオウギから抽出したエキスです。
ヒオウギエキスの成分は、主にテクトリジンやイリジンなどのイソフラボンです。
イソフラボンは、エストロゲンという女性ホルモンと似た働きをします。
女性ホルモンが乱れてしまうと、薄毛などの問題が起きます。
ヒオウギエキスのイソフラボンには、女性ホルモンを補う作用があるため、薄毛の改善が期待できるのです。
また、ヒオウギエキスは、コラーゲンの働きを活発にするので、頭皮の環境が良くなります。
そのため、育毛剤に使われることが多いのです。

 

 

○5αリダクターゼ
5αリダクターゼとは育毛の際に気をつけなければならない還元酵素の一つです。
5αリダクターゼは男性型脱毛症の原因である男性ホルモンと繋がることで、薄毛や脱毛を促進させる原因となります。
また5αリダクターゼの生産されやすい体質と言うのが遺伝しやすいといわれ、これが薄毛の遺伝といわれるものの原因でもあるのです。
しかし男性ホルモンと結合しない限り薄毛の促進効果はないので、男性ホルモンの抑制に力を入れることで脱毛を防ぐことが出来ます。

 

 

○プロビタミンB5
プロビタミンB5はパントテン酸の誘導体とも言われ、髪の成長を促し育毛効果や白髪予防に期待が出来る成分です。
そのため、古くから育毛剤などのヘアケア商品に配合されています。
また、皮膚細胞の活性化を促してくれる働きもあり、傷の早期完治や肌荒れ防止に期待できるため、スキンケアとしても重宝されています。
プロビタミンB5は浸透力・保湿力が高いため、肌にツヤ・弾力を与え、キメを整え、抗炎症作用もあるとても優れた成分です。
プロビタミンB5詳細

 

 

○VEGF(血管内皮増殖因子)
VEGEとは、血管の形成に関与する、糖タンパクです。血管がないところに、新しく血管を作る、脈管形成や現在ある血管から枝分かれさせる、血管新生という作用を持っています。これらの作用を利用して、髪の毛に必要な血流の確保や髪の毛のサイクルの改善などに役立つと、育毛剤への効果が期待されています。
しかし、副作用等の心配もされる事から、医療用の育毛剤に含まれる事が多く、医師や薬剤師などへ相談の上、使用する事が望まれます。
VEGF(血管内皮増殖因子)詳細

 

 

○フィナステリド
フィナステリドとは、AGAの治療に主に用いられる薬の成分です。
髪が抜ける原因である男性ホルモンのジヒドロテストステロンの分泌を抑える働きがあります。
元々は前立腺の病気の治療薬として開発されたものですが、これを投与した患者の髪が異常に増えるという作用が見られたため、現在では脱毛症の治療薬として有名になりました。
性機能低下などの副作用もあるため、医師の指導のもとで用法容量を守って服用する必要があります。
フィナステリド詳細

 

 

○プロペシア
プロペシアとは米国の医療品メーカであるメルク社が開発した、世界初の医師が処方する飲むタイプの男性型脱毛症用薬です。
2005年から日本国内でも取り扱っています。
男性型脱毛症の原因であるDHTの生産を抑制し、髪の生産を促す作用をもっています。
服用開始から一ヶ月程度経過した頃に、初期脱毛と言う正常な髪の毛を生やすサイクルが成り立つことを経験します。
これは髪の毛が生産され、抜けにくく強い毛がきちんと生えてくるという状態を整えている証拠で、プロペシアならではの特徴ともいえます。
プロペシア詳細

 

 

○牡丹エキス
牡丹エキスは、牡丹の根皮から抽出したエキスです。
ボタンエキスには、消炎作用、収れん作用、保湿作用があり、肌荒れを防ぎ、血行を促進します。
また、最近では、活性酸素を除去する作用があることもわかっています。
活性酸素は、肌に悪い影響を与えるため、活性酸素を除去できる牡丹エキスは、アンチエイジングという点からも注目を集めています。
また、育毛効果が期待できるため、育毛剤やシャンプー、トリートメントにも使われています。
牡丹エキス詳細

 

 

【ま行】

 

○マイクロセンサー理論
マイクロセンサー理論は、髪の毛の発毛に関する理論です。
毛根には毛乳頭細胞と呼ばれるものがあり、この細胞と毛母細胞の働きで髪の毛が生えてきます。
この理論はその発毛する仕組みについて、毛乳頭細胞にある繊毛の長さによって、発毛の程度が変わるということを提唱した理論です。
繊毛が長い状態であるほど発毛が促されやすいとされ、この繊毛を伸ばすことで育毛に繋げる試みがなされています。
育毛剤の中には、この繊毛を伸ばすための成分が取り入れられているものがあります。
マイクロセンサー理論

 

 

○ミレットエキス
ミレットエキスは、古くからヨーロッパで使われていた医学的に毛髪に良いとされる植物を使用した飲む育毛剤です。
毛髪の生産に必要なタンパク質と必須アミノ酸やシスチンが豊富で、髪を生産するよう働きかけます。
摂取するタイミングはとくに定められていはいませんが、体の細胞が再生する時間帯である22時から深夜2時の間に効果が得られるように前もって摂取しておくと良いと言われています。
植物から生産されているので副作用がないので安全に考慮した育毛剤として重宝されています。
ミレットエキス詳細

 

 

○ミノキシジル
ミノキシジルとは、発毛に効果のある成分としてクリニックでもよく使用されており、市販もされている育毛剤の成分です。
これは元来血管拡張剤として発毛とは関係ない分野で開発されましたが、頭皮の血行不良などが原因の薄毛にとても効果があったことから、薄毛や脱毛症の治療に利用されるようになりました。
しかし、血管拡張の効果があるものですから、血圧系の病気を持っている方には不向きです。
必ず医師に相談のうえ、安全を確認して使用するようにしましょう。
ミノキシジル詳細

 

 

○毛乳頭細胞
毛乳頭細胞は発毛の司令塔と言われており、毛が生えるメカニズムの起点となります。
毛穴の中には、毛乳頭細胞、内毛根鞘細胞、外毛根鞘細胞、毛母細胞などが存在し、それぞれの役割をもって発毛へと繋がりますが、これらを統制して発毛のタイミングや制御を行うのが毛乳頭細胞です。
各細胞の中で、最も血管に近い場所に位置しており、血液によって運ばれる栄養を補給することで活性化しますが、逆に栄養が不足するとヘアサイクルを乱して、毛が抜けたり育毛が止まるなどの問題も起こります。
毛乳頭細胞詳細

 

 

○毛根
毛根とは、頭髪や、体毛の肌表面から下に隠れている部分を言います。毛根の先端を毛球と呼び、健康な毛球の形は、マッチ棒の先のように丸く膨らんでいます。しかし、ストレスや栄養不足など、様々な原因で弱った毛球は、その形が崩れ、やせ細ってしまいます。
この毛球の中には毛母細胞が詰まっており、 その中心部にある毛乳頭が、周りの毛細血管から栄養を取り込んで、毛を成長させる働きがあります。
つまり、毛乳頭と毛母細胞が、毛をつくり出す工場なのです。

 

 

【や行】

 

○薬用シャンプー
薬用シャンプーとは、育毛の*有効成分を配合した、医薬部外品に分類されるシャンプーです。「かゆみやフケを防ぐ」等の効果があり、スカルプケアに適してます。

 

*有効成分・・・薬事法に基づいて厚生労働省がその効果を認めている成分

 

 

【ら行】

 

○ローズマリーエキス
ローズマリーエキスとは、シソ科の植物である万年草の葉や花から抽出した香りの良いエキスです。
中国やヨーロッパでは体の様々な不調に対して治療薬として用いていました。今でもヨーロッパでは花を食べる習慣が残っています。
ローズマリーエキスには抗菌作用や抗酸化作用、収れん効果があるので、化粧品に多く含まれています。
さらに血行を促進するなどフケや抜け毛を予防する効果もあるので、育毛剤に配合されることもあります。
ローズマリーエキス詳細

 

 

○リアップ
リアップは、大正製薬が販売している第一類医薬品で、発毛効果が国から認められている商品です。
髪の毛には、成長期・退行期・休止期というサイクルがありますが、このサイクルが乱れることが薄毛の原因の一つとなります。具体的には、サイクルのうちの成長期が徐々に短くなることで、退行期と休止期が長くなり髪が減ってしまうわけです。
男性の脱毛は年齢によって名称が異なり、20代までは若年性脱毛症、それ以上の60代くらいまでが壮年性脱毛症と呼ばれています。
リアップはこの壮年性脱毛症向けの製品で、髪の毛のサイクルにおける休止期から成長期の初期において、発毛を促進させる効果を持っています。
リアップ詳細

 

 

○レイシエキス
最近注目を集めているレイシエキスは、マンネンタケから抽出されるエキスです。
レイシエキスの成分は、ビタミン類、アミノ酸、多糖類などです。
レイシエキスは、多糖体の免疫をアップする働きによって、自然治癒力を高めます。
酸化を防止する作用の他、保湿作用、消炎作用、細胞活性作用もあります。
そのため、アンチエイジングのための基礎化粧品や、ドライスキン用の化粧品、育毛剤などにも使われており、健康食品としても注目されています。
レイシエキス詳細

 

○ロゲイン
ロゲインとは頭皮に直接塗ることで薄毛を改善し、発毛を促すことができる育毛剤です。
血行促進材としてもともと開発されていたミノキシジルが含まれているので、頭部の育毛環境を改善し、発毛しやすくすることができます。前頭部や頭頂部が薄くなる男性型脱毛症の改善に大きな効果をもたらしています。
女性の薄毛改善には女性用ロゲインが役立ちます。
ミノキシジルの濃度の違いが男性用、女性用の違いですが、女性が男性用のロゲインを使ったとしても効果が倍増するわけではありません。
ロゲイン詳細

 

博士も推薦!

リピーター続出!

育毛剤ランキング!

育毛関係用語集・その育毛剤ちょっと待って!記事一覧

AGA治療とは?【育毛用語解説】

AGA治療は、薄毛や抜け毛といった症状に対して、医学的見地から改善を試みる取り組みです。増毛を謳う市販製品の中には、必ずしも効果を実感できないことがあります。しかし、正しい知識と技能をもとにすれば、成功する確率は飛躍的に向上するのです。最近よく目にするようになったAGAとは、男性型脱毛症のことを指し...

≫続きを読む

 

セイヨウハッカとは?【育毛用語解説】

セイヨウハッカは、シソ科ハッカ属のハーブの名称です。ヨーロッパ大陸が原産です。セイヨウハッカの名称は和名で、別にコショウハッカとも呼ばれることがあります。英名ではペパーミントです。ニホンハッカという植物も存在しますが、セイヨウハッカとは違う別の植物です。清涼感のあるメントールの香りを持っているのが特...

≫続きを読む

 

外傷性脱毛症とは?【育毛用語解説】

外傷性脱毛症とは、生活習慣やストレスなどで起こる抜け毛増加、薄毛になる原因とは違い、外的要因によって起こる脱毛による症状のことです。頭皮を圧迫する状況が長時間続く場合、また、髪の毛を束ねるためにゴムなどによりしばってしまうことで、髪の毛を強く引っ張っている状態などはこれにあたります。頭皮を圧迫といわ...

≫続きを読む

 

ロゲインとは?【育毛用語解説】

育毛剤を選ぶときに目にするミノキシジルという成分は、アメリカで開発された血圧降下剤の一種です。このミノキシジルを使ったオリジナルの育毛剤がロゲインで、同様にアメリカで発売され、審査の厳しいFDAでAGA治療薬として認可されています。ロゲインの始まりは1970年代後半、高血圧患者の治療用として降圧剤を...

≫続きを読む

 

ローズマリーエキスとは?

ローズマリーエキスとは、シソ科の植物性であるマンネンロウの葉や花から抽出されたエキスです。ローズマリーのアロマオイルはアロマテラピーなどに使われる事で有名ですし、葉っぱはハーブとして料理の時の臭み消しなどとしても活用されています。そして、ローズマリーエキスは洗浄剤やヘアカラー、化粧品、育毛剤など幅広...

≫続きを読む

 

テストステロンとは?【育毛用語解説】

テストステロンとは男性ホルモンの名前です。この男性ホルモンは体に対して多くの影響を与えられることが知られています。テストステロンの基本的な作用としては筋肉や骨の維持強化、メタボの予防、動脈硬化の予防、認知機能の維持などが挙げられます。このような効果を持つ男性ホルモンなので、減少してしまうと心筋梗塞や...

≫続きを読む

 

ノンシリコンシャンプーとは?【育毛用語解説】

ノンシリコンシャンプーとはシリコンが入っていないシャンプーのことです。シリコンを使う理由は、コーティングすることによりつやを出したりツルツル、サラサラになるように指通りが良くなるからです。傷んだ髪の毛をトリートメントのように髪の毛の補修などという効果はありません。シリコンが入っているシャンプーはシャ...

≫続きを読む

 

産後脱毛症とは?【育毛用語解説】

産後脱毛症とは、主に女性ホルモンの乱れなどから来る症状です。妊娠をして出産をする過程において、ホルモンバランスなどもかなり変化します。そしてそれが安定するまで、体にとってもさまざまな影響がでることがあり、その一つとして、産後、抜け毛などが増えてしまうことがあります。また、産後、抜け毛が増える原因とし...

≫続きを読む

 

薬用シャンプーとは?【育毛用語解説】

洗髪時にシャンプー!この普段使っているシャンプー、自分の肌質にあっているかどうかと考えたことがあるでしょうか?基本的に、頭皮、そして髪の毛の汚れなどを落とすために、それなりの洗浄力があるのがシャンプーの特徴の一つです。ですが、通常のシャンプーでは刺激が強すぎてしまい、頭皮が荒れてしまうこともあります...

≫続きを読む

 

毛根とは?【育毛用語解説】

髪の毛や体毛を触れてみると、触っただけ、また軽く引っ張った程度では毛は抜けません。では、かなり力を入れて引っ張ってみると抜けるのがわかります。それなりに痛みが伴いますが、このように簡単には毛は抜けないようになっていますが、皮膚の表面に生えている毛の奥、皮膚のなかに毛根は存在します。毛根部では、毛をつ...

≫続きを読む

 

亜鉛とは?【育毛用語解説】

薄毛や抜け毛を予防するためには、育毛剤やシャンプーなどで外側からケアをすることはもちろん大切ですが、髪の成長には栄養素もかかわっていますので、食事内容も見直す必要があります。髪に良い成分にも色々な種類がありますが、亜鉛も欠かすことができな大事ない成分です。まず、髪の毛の多くはタンパク質でできています...

≫続きを読む

 

FGF−5とは?【育毛用語解説】

FGF−5とは、脱毛因子のことで、この因子が髪の毛の生え変わるサイクルの毛周期の中で成長期から退行期へ髪の毛が変わる際のスイッチの役割を行っています。FGF−5といものはタンパク質の仲間で、人間の身体の中にある因子のことで役割が違う因子が23種類あります。この23種類の因子の中でFGF−5は脱毛因子...

≫続きを読む

 

ケラチンとは?【育毛用語解説】

男性にとっても女性にとっても、髪の毛はとても大切ですね。年齢と共に髪の毛が細くなったり少なくなるなど悩みの種になることがあります。髪の毛はケラチンをいうタンパク質でできています。ケラチンは18種類のアミノ酸が結合してできたタンパク質で、髪の毛や皮膚、爪などの成分でもあります。そのためにアミノ酸系のシ...

≫続きを読む

 

シナノキエキスとは?【育毛用語解説】

シナノキの葉や花から抽出して集めた液体のことをシナノキエキスと言います。このシナノキは日本に自生していますが、世界中に分布している植物でもあります。しかし、日本人にはこのシナノキエキスの効果や効能についてあまり知られておらず、少し馴染みのうすいエキスです。しかし、このシナノキエキスは薄毛や抜け毛で悩...

≫続きを読む

 

ジヒドロテストロンとは?【育毛用語解説】

男性の中には成人を過ぎた頃から徐々に薄毛が進行し、20代半ばや30代にかけて抜け毛が悪化して外見を大きく変容させてしまう場合があります。その原因としては様々な要因が考えられますが、中でもこのところ注目を集めているのがAGAという病気です。男性型脱毛症とも言われるこの病気ですが、その発症にはジヒドロテ...

≫続きを読む

 

ジフェンヒドラミンHCとは?【育毛用語解説】

ジフェンヒドラミンHCは育毛剤でよく使用されるようになった成分ですが具体的にはどういった成分なのでしょうか。ジフェンヒドラミンHCは通称で実際の名称としてはジフェンヒドラミン塩酸塩といい、抗ヒスタミン薬などの成分としても利用されており、外部からの刺激からの影響で発生したアレルギー症状の緩和させる働き...

≫続きを読む

 

センブリエキスとは?【育毛用語解説】

育毛剤などの育毛関連商品に配合されている事が多いセンブリエキスですが、「センブリエキスとは?」という方も少なくないはずです。センブリエキスとは昔から民間薬として利用されてきたリンドウ科の植物であるセンブリから抽出されたエキスの事です。センブリエキスを含んだセンブリ茶については、テレビ番組で罰ゲームを...

≫続きを読む

 

バイオポリリン酸とは?【育毛用語解説】

人気の育毛剤「ポリピュア」その公式サイトを見ると、注目の新成分として紹介されているもの、それがバイオポリリン酸です。このバイオポリリン酸、17年掛けて新開発したという成分なのですが、その正体は酵母の一種です。毛乳頭に直接アプローチすることで、育毛を促進するのです。その元となるのはポリリン酸です。その...

≫続きを読む

 

パントテン酸とは?【育毛用語解説】

パントテン酸はその育毛効果で最近注目されるようになってきた成分です。髪の毛を健康に保つためにはビタミンCやタンパク質などの成分が必要であることはよく言われていますが、パントテン酸とはどういった成分なのでしょうか。パントテン酸はビタミンB群と呼ばれるなかの5番目に発見された成分で、以前はビタミンB5と...

≫続きを読む

 

ヒオウギエキスとは?【育毛用語解説】

薄毛や抜け毛を防ぐためには育毛剤の利用も考えていきたいですが、配合されている成分は商品ごとに違いがありますので、じっくり比較して良いものを選んでいきたいところです。育毛剤には多くの成分が配合されていますが、ヒオウギエキスも天然の成分で髪に良い影響が期待できるものとなっています。ヒオウギエキスはヒオウ...

≫続きを読む

 

5αリダクターゼとは?【育毛用語解説】

薄毛の原因は様々なものがあります。ストレスや生活習慣、遺伝子などの要因によって引き起こされますが、最も多いのが男性ホルモンの影響によって引き起こされる思春期以降に発症して放っておくと症状が悪化する進行性の薄毛である男性型脱毛症です。男性ホルモンであるテストステロンが、毛乳頭や皮脂腺に存在している5α...

≫続きを読む

 

リアップとは?【育毛用語解説】

リアップは壮年性脱毛症に効果がある医薬品です。リアップの有効成分であるミノキシジルは元々高血圧の治療に使われていた成分ですが、その副作用として発毛効果が報告されたことで育毛分野へ応用されるようになりました。ミノキシジルは毛包に働きかけて、血管を拡張することで脱毛の進行予防に効果を発揮します。また医薬...

≫続きを読む

 

フィナステリドとは?【育毛用語解説】

多くの男性にとって頭を悩ませるのが薄毛の発症です。ひとたび薄毛に陥ると外見も大きく変わり、人と会っている時も相手の目線が気になって自信喪失になったり、引っ込み思案な性格になることも少なくありません。そんな薄毛の原因の一つとして注目を集めているのがAGAですが、その治療薬としてフィナステリドは多くのク...

≫続きを読む

 

牡丹エキスとは?【育毛用語解説】

その豪華な花を観賞用として楽しむことが多い牡丹、その牡丹の根皮から抽出した牡丹エキスは薬用として昔から使われてきました。ボタンエキスにはペオノール・ペオノリット・ペオノサイトという成分が含まれています。抗炎症作用に大変優れており、血行促進・抗アレルギー作用があるのです。これらの効果から、紫外線からお...

≫続きを読む

 

毛乳頭細胞とは?【育毛用語解説】

頭皮には、毛乳頭細胞、外毛根鞘細胞、内毛鞘細胞、毛母細胞、毛包幹細胞、色素幹細胞、メラノサイトと沢山の細胞組織から成り立って発毛のサイクルを作っています。その中の毛乳頭細胞とは、平たく言いますと発毛の司令塔の役割をしています。上述した細胞は生体分子群と呼んでいますが、働きとしてはシグナル伝達物質と言...

≫続きを読む

 

レイシエキスとは?【育毛用語解説】

育毛剤やヘアローションにふくまれている成分の中にレイシエキスというのを見たことがある方もいるでしょう。ライチのことをレイシということもありますが、まったくの別物です。レイシエキスは、サルノコシカケ科植物で霊芝・れいしというキノコから取られたエキスなのです。漢方薬の中でも最も貴重なキノコでした。天然の...

≫続きを読む

 

医薬部外品とは?【育毛用語解説】

化粧品を見ていると「医薬部外品」と書かれている場合があります。CMなどでも聞いたことがあるでしょう。化粧品・医薬部外品・医薬品、の3つの分類があり、薬事法という法律できちんと定められているのです。化粧品選びの参考にしてみてください。医薬品や医薬部外品と比べて作用が穏やかで、美容を目的として開発された...

≫続きを読む

 

エラスチンとは?【育毛用語解説】

エラスチンは繊維状のタンパク質であり、コラーゲン同士を結びつける働きをしています。エラスチンによって結びつけた物質は伸縮する性質を持ち、肌の弾力や柔軟性はここから来ているとされています。この成分と減ってしまうと肌の弾力が失われるため、シワやたるみが発生しやすくなります。また、エラスチンには水分を保持...

≫続きを読む

 

アンドロゲンとは?【育毛用語解説】

アンドロゲンとは、男性ホルモンです。ステロイドの一種であり、体内に作用しているステロイドホルモンです。アンドロゲンは男性的な成長の発育を促進し、特に第二次性徴を発言させる作用があります。思春期と同時に分泌が増加し、男性器の成長や変声などをもたらします。筋肉の発達や体毛の増加にも影響を与え、男女の性欲...

≫続きを読む

 

外毛根鞘とは?【育毛用語解説】

外毛根鞘とは育毛にとって重要な役割を果たす細胞の事です。育毛においては髪の毛の成長を抑制してしまうジヒドロテストステロンの生成をどれだけ抑制できるかという事が重要になっています。脱毛症と呼ばれる症状はいくつかあるのですが、薄毛に悩む方のほとんどがこのジヒドロテストステロンが原因で発生するAGAに悩ま...

≫続きを読む

 

加水分解酵母エキスとは?【育毛用語解説】

加水分解酵母エキスとは、酵母から加水分解して抽出した天然ペプチドのことです。ミネラルやタンパク質、脂質、糖質、アミノ酸、ビタミンB2、ビタミンB6などの豊富な栄養素を含んでいます。細胞間物質生成遺伝子や線維芽細胞増殖遺伝子を増加させ、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促す効果があります。保湿効果が高く...

≫続きを読む

 

VEGF(血管内皮増殖因子)とは?【育毛用語解説】

VEGF(血管内皮増殖因子)とは、コラーゲンなどを合成する働きを持った間質細胞から主に放出される物質です。炎症や損傷を背景に本来出される物質であり、主な作用は放出原に向かって血管の枝を伸ばすように仕向けることです。この際、血管を伸長するために血管内皮細胞が増殖するのでVEGF(血管内皮増殖因子)とい...

≫続きを読む

 

大豆イソブラホンとは?【育毛用語解説】

大豆イソブラホンとは大豆に含まれている「女性ホルモン様作用のある成分」ですが、主に胚芽の部分にたくさん含まれています。豆乳・豆腐・納豆に含まれていますが、一日に50mgぐらいを補給すると男性ホルモンの分泌をある程度、抑制しながら育毛にも働きかけますから、積極的に補給していく事がポイントです。髪の毛は...

≫続きを読む

 

チョウジエキスとは?【育毛用語解説】

チョウジエキスとは、チョウジという植物のツボミから抽出したエキスのことです。これがなかなか万能なエキスであり、生薬として用いられる他には料理や香水、防虫剤などにまで使用されています。料理や香水と聞くと、それぞれにギャップがあり健康的な問題なども気になるかもしれませんが、実際は全く問題ありません。チョ...

≫続きを読む

 

低分子コラーゲンとは?【育毛用語解説】

低分子コラーゲンとは、文字通り分子の小さいコラーゲンのことを言います。もともとコラーゲンとは沢山のペプチドやアミノ酸から構成されるたんぱく質のことですが、実は分子が大きいせいで体内への吸収に時間を要する特徴があります。そんなデメリットを解消するための存在が、低分子コラーゲンなのです。低分子コラーゲン...

≫続きを読む

 

ヒアルロン酸とは?【育毛用語解説】

ヒアルロン酸はもともと人間の体の中に存在しているものです。化粧品に配合されることが多いヒアルロン酸は水分を保持する力が高く、肌の乾燥を防ぐ効果が期待できる美容成分です。加齢やターンオーバーの乱れなど様々な理由でヒアルロン酸は減少してしまいます。肌の保湿を考えたときにヒアルロン酸が配合されている化粧品...

≫続きを読む

 

プロビタミンB5とは?【育毛用語解説】

薄毛や抜け毛といった髪の悩みを抱える人は多いですが、育毛剤やサプリメントを活用することでその進行をより抑えていくこともできます。そしてこうした育毛に関する商品には様々な成分が配合されていますので、購入する前にはどんな成分が含まれているのか、どのような効果が期待できるのかはよく理解しておきたいところで...

≫続きを読む

 

マイクロセンサー理論とは?【育毛用語解説】

マイクロセンサー理論とは育毛剤として有名なM1育毛ミスとの発毛メカニズムとして採用されている理論です。マイクロセンサー理論の中核をなす機能には主に三点の特徴があります。その1つが発毛因子と言われるFGF-10という物質を従来の状態より3倍に増やすようにすることで発毛の中心機能を持つ毛母細胞の分裂を加...

≫続きを読む

 

ミレットエキスとは?【育毛用語解説】

ミレットエキスは植物由来のエキスです。植物イネ科の精製エキスになります。このミレットエキスは錠剤に加工されたサプリメントとしての形で目にすることがあります。抜け毛や薄毛、育毛対策として実はこのミレットエキスが注目を集めています。その理由はミレットエキスに含まれる成分シスチンに秘密があります。シスチン...

≫続きを読む

 

FGF−10とは?【育毛用語解説】

日本人の成人男性の5人に1人は薄毛に悩まされているという今、防止し改善するための新しい技術が常に研究され、次々と発表されています。発毛・育毛界においては日本は世界トップレベルの研究と技術力を誇るのです。そんな中、FGF−10を増やす育毛剤が発表されて話題となっています。FGF−10とは上皮細胞の成長...

≫続きを読む

 

FGF−7とは?【育毛用語解説】

FGFという言葉をご存知ですか。繊維芽細胞増殖因子のことです。簡単に言うと、細胞の増殖にかかわる重要な細胞というわけです。FGFグループは23種類もありますが、FGF−7はその中の一つです。もしもFGF−7が不足すると、髪の毛がしっかりと成長する前に抜けてしまいます。そのため薄毛になってしまうのです...

≫続きを読む

 

ケラチノサイトとは?【育毛用語解説】

ケラチノサイトは表皮細胞を成り立たせている細胞です。表皮細胞のおよそ90%以上はこの細胞によってできています。基底層で作られるこの細胞は基底層から作られます。基底層とは表皮の一番下にある最下層の細胞でできています。およそ20日ごとに分裂をし、二つに分かれた細胞の1つが表皮へと昇り、有棘細胞に分化して...

≫続きを読む

 

細胞活性アミノ酸とは?【育毛用語解説】

人間の体は約60兆個の細胞から成り立っているとされ、その細胞が日々、消滅したり、分裂したりして、人間の生存にも貢献しています。その細胞を構成する物質としてはアミノ酸の存在があり、アミノ酸は簡単に言えばタンパク質の一つとして捉えることができます。細胞の働きとしては、筋肉の細胞ならば周りの細胞と連携して...

≫続きを読む

 

セファラチンとは?【育毛用語解説】

育毛の話題でよく見るセファラチンというのは皮膚科で処方される薬で、円形脱毛症で悩む方に商法される内服薬です。このセファラチンは植物か取り出される有機化合物なので副作用の少ない天然成分です。期待される効用としては血液を作り出す細胞である造血管細胞の増加、免疫機能の強化、抗アレルギー、血行促進などが挙げ...

≫続きを読む

 

TGF-βとは?【育毛用語解説】

育毛関係の話題でよく聞くTGF-βとは脱毛に係わる因子とされるタンパク質の事です。日本ではベータ型変異増殖因子やトランスフォーミング増殖因子ベータと呼ばれています。脱毛因子と言う用語はTGF-βが育毛を促す毛乳頭や毛母細胞の活動を抑制し脱毛を開始する効果があることでそういう風に呼ばれるようになってい...

≫続きを読む