スカルプケア

薄毛・抜け毛が改善

諦めるのはまだ早い!

おすすめ育毛剤

正しい髪の毛の洗い方(スカルプケア)

 

正しい髪の毛の洗い方
(スカルプケア)

 

@頭髪チェック&予洗い

 

まずは、頭皮チェックです。頭皮に湿疹や傷が無いかチェックしましょう。
もし、あれば、患部を刺激しないようにしてください。

 

そして、予洗いです。
髪を濡らすだけでなく、お湯で髪や頭皮表面の汚れを落とします。
そうする事によって、頭皮の汗やほこりを落としたり、皮脂を取れやすくする効果が高まります。

 

男性は、女性と比べて皮脂の分泌量が多いため、シャンプーの泡立ちが悪くなりがちです。
そうすると、頭皮の汚れも取れにくくなるので、予洗いは大切です。

 

また、皮脂は、34度以下では、溶けにくく頭皮に残りやすくなり、40度以上になると過剰にとり過ぎて頭皮にあまり良くありません。

 

よって、頭皮に優しいシャンプー時のシャワーの温度は、38度前後が理想です。

 

 

Aシャンプー&ヘアトリートメント(リンス)

シャンプーは、髪表面に付けて、しっかりと泡立てましょう。
しっかりと泡立てた泡で髪と頭皮を洗いましょう。(頭皮に直接シャンプーを付けるのはダメです)

 

泡立たない場合は、汚れや皮脂が多い状態なので、一度すすいで、再度シャンプーを付けて泡立ててください。

 

十分に泡立ったら、爪を立てたり、ゴシゴシ力を入れて洗ったりせずに指の腹を使って、頭皮全体に泡を行き渡らせ、泡を使って優しく洗いましょう。

 

*シャンプー時に爪を立てて洗うと、頭皮が赤っぽくなり炎症を起こしやすくいなります。また、角質もめくれて頭皮が傷つきます。

 

*頭皮を十分に洗わないと毛穴に皮脂が詰まったり、ベトついたりしやすくなります。フケも発生しやすくなるのです。

 

すすぎにも十分に時間をかけましょう。

 

シャンプーには時間をかけますが、すすぎを軽視している人が、意外と多いです。
シャンプーで浮かせた皮脂や汚れが頭皮に残ったままだと、かゆみの原因にもなります。

 

また、シャンプーの成分が頭皮に残ると頭皮のトラブルの原因にもなりますので、すすぎもしっかりと時間をかけて行いましょう。

 

*後頭部から頭頂部にかけてはすすぎ残しが多くなりがちなので、注意してください!

 

トリートメント(リンス)は、髪をケアするためのアイテムなので、頭皮に付けてはダメです。

 

髪をコーティングするためにシリコーンが配合されています。シリコーンは、髪のダメージをケアし、指通りを良くするために髪に付ける分には、問題はありません。

 

しかし、直接頭皮に付けてしまうと、髪の根元や頭皮がベタつき、ボリュームがなくなります。

 

トリートメント(リンス)は、必ず髪の中間〜毛先(ダメージを受けやすい部分)につけましょう。

 

 

Bマッサージ

頭頂部は血液循環が悪く、毛根部への栄養が行き渡りにくくなりがちです。
頭皮が硬い状態を頭皮硬化といいます。

 

頭頂部はなぜ血液循環が悪い?

 

@側頭部に比べて、血管が細い。

 

A高い位置にあるので、重力により血液が行き渡りにくい。

 

B頭頂部には、筋肉が無いため、血液循環のポンプ機能がなく、自ら血行を改善できない。

 

よって、頭皮の血液循環を良くするために、外から力を加えて頭皮を動かしてあげるマッサージ(頭頂部の柔軟化)が大切です。

 

 

C髪を育てる育毛剤

育毛剤は、発毛剤と呼ばれることもあり、文字通り育毛を促進する働きや抜け毛を予防する効果もあります。

 

育毛剤の付け方

 

育毛剤は、タオルドライ後に付けてください。

 

付けた後は、頭皮になじませ、成分を浸透させるために1〜2分放置しましょう。

 

その後、、頭皮を動かしたり、ツボ押しマッサージを行うと血行が促進されてより効果的です。

 

育毛剤は、薄毛が気になる部分に重点的につけましょう。

 

*就寝前は、髪の毛をしっかりと乾かしましょう!

 

髪を乾かさないで眠ってしまう事の弊害

 

@頭皮の常在菌が繁殖してしまい、頭皮臭などの頭皮トラブルにつながります。

 

A濡れたままだと頭皮がふやけてしまい頭皮バリア機能が弱まって、頭皮環境が悪くなります。

 

B濡れた髪は、枕などとの摩擦によってキューティクルのダメージにつながります。

D太くて自信のある髪に

以上の@〜Cを実践すれば頭皮環境は必ず改善され、太くて自信のある髪への変化が期待できます!

 

博士も推薦!

リピーター続出!

育毛剤ランキング!