薄毛抜け毛原因

薄毛・抜け毛が改善

諦めるのはまだ早い!

おすすめ育毛剤

【最新情報】薄毛・抜け毛の原因

自分の髪が薄くなっているかどうかは、おでこの生え際が後退している場合は、自覚しやすいですが、頭頂部が薄くなっていおる場合は、なかなか自分では気付きにくいものです。

 

自分が禿げると思っていない場合がほとんどなので、わざわざ壁鏡と手鏡を使って自分の頭頂部を見ることをしないからです。

 

頭頂部のハゲの場合は、ほとんどが他人に指摘されて初めて自覚する場合が多いようです。

 

本題に戻りますが、薄毛、抜毛の原因ですが、主に6つあります。
「遺伝」「年齢」「男性ホルモン」「食生活」「ストレス」「酵素」です。

 

これからそれぞれを解説していきます!

 

【遺伝】

 

抜け毛・薄毛の原因は遺伝と言うなら改善することが難しいと思っていませんか。

 

確かに抜け毛・薄毛は遺伝が原因の一つと言う場合もあります。
声や顔などのように親と似ているの同じように抜け毛・薄毛も遺伝してしまいます。親のせいだからどうすることもできないと諦めてはいけません。

 

たとえ親に似たからと言って他の原因も考えられます。
生活習慣や生活環境によって行っている場合もあるのです。

 

 

【年齢】

 

年齢が上がれば上がるほど抜け毛や薄毛は多くなります。
理由は、単純で老化です!
抜け毛・薄毛予防は、いわばアンチエイジングと言っていいでしょう。

 

一般的に抜け毛・薄毛が気になり始める年齢は、30代半ばから40代前半だと言われています。
もちろん個人差はあります。
年を取ることは誰にも平等に訪れます。

 

年齢に関係なく、早めに抜け毛・薄毛対策を行うことをお勧めします。

 

抜け毛・薄毛対策に近道はありません。

 

 

【男性ホルモン】

 

男性型脱毛症とはAGAと呼ばれており抜け毛・薄毛の最大の原因は、男性ホルモンにあります。

 

男性ホルモンであるテストステロン(注1)が5αリダクターゼという補酵素によって、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンに変化し、この男性ホルモンが毛乳頭細胞の受容体に結合して抜け毛・薄毛を起こすとされています。

 

女性の抜け毛・薄毛の原因で一番多いのは、毛髪を育てる作用を持つ女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの減少によるものですが、女性の場合にも男性ホルモンによる薄毛が起きる事があります。

 

女性の中には元々男性ホルモンの量が多い人がいます。またストレスなどで自律神経が乱れホルモンのバランスが崩れたり、加齢により女性ホルモンが減少して男性ホルモンが優位になり、ジヒドロテストステロンが増えてしまう事があります。

 

そのため女性の場合はFAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれる事もあります。

 

しかし男性のように完全に脱毛してしまう事はほとんどありません。

 

その他男女両方に見られる抜け毛・薄毛の原因には、頭皮の血行不良があり、毛髪に必要な栄養分が行かないために起こります。

 

また偏った食事により、毛髪を作るタンパク質や、成長に欠かせないビタミンやミネラルが不足する事などがあります。

 

その他遺伝、過度のヘアケアなども原因となっています。男性の場合は治療法として、5αリダクターゼの働きを抑えるフィナステリドを主成分とする内服薬のプロペシアや、血行を促進して毛母細胞の成長を促進する外用薬のミノキシジルなどが用いられます。

 

女性も男性ホルモンが関係して抜け毛・薄毛を起こす事はありますが、プロペシアは女性は使用不可となっていて、ミノキシジルもほとんど治療に用いる事はありません。

 

女性の場合は育毛効果のある内服薬のパントガールや、血行不良を改善する漢方薬、幹細胞や成長因子を注射する毛髪再生治療法などが中心になっています。

 

その人によって抜け毛・薄毛の原因に違いがありますので、自己判断ではなく医師の診察を受ける事が大切です。

 

テストステロン(注1)
テストステロンは男性ホルモンであり、男性らしい体を作る働きを担っています。
しかし、体毛を濃くして頭髪は薄くしてしまう傾向があるため、育毛には邪魔な存在となってしまいます。
ですから、AGAの治療などにはこのテストステロンの分泌を抑えるフィナステリドという薬を服用するという方法が一般的にとられています。
ただ、このホルモンの分泌を抑えると一時的に性機能が衰えたり筋肉が落ちたりといった副作用もみられるようです。

 

 

【食生活】

 

 

抜け毛・薄毛の原因として、食生活の乱れも考えられます。

 

仕事の忙しさにかまけて、食事のバランスが悪くなってしまうと、その影響は健康状態にも、髪の毛にもあらわれてきます。

 

過剰に油を摂取しすぎていたり、肉類ばかり食べるのも、頭皮トラブルを引き起こす過酸化脂質を増加させるため髪の毛のためにはよくありません。

 

何が頭皮にとって良いのか、健やかな髪の毛のためになるのかを、キチンと理解しておきましょう。

 

偏った食生活は、髪の毛に必要な栄養素を取り入れることができません。血液に髪の毛に必要な栄養素がなければどんなにマッサージをがんばっても意味がなくなってしまいます。

 

髪の毛は90%もの割合が、ケラチンというタンパク質でつくられています。

 

食事でも良質なタンパク質の摂取は欠かせません。 食事でタンパク質が足りなくなると、髪の毛は細くなりますし、抜け毛になりやすくなります。

 

そして、亜鉛ミネラル分が不足しても抜け毛になりやすくなります。
従って、これらの栄養素を積極的に摂取することが抜け毛の予防になります。

 

健康な髪と頭皮を育む栄養素

 

タンパク質不足は、色素における細胞が低下していきますので、結果的に黒い髪は、白い髪の毛になってしまいます。
良質のたんぱく質成分として、納豆や豆腐などの大豆食品も食べるとよいでしょう。

 

オメガ3脂肪酸も、積極的に食生活に加えたい栄養成分です。
頭皮における細胞膜をつくりますし、毛幹をつくるなどにも活躍します。髪の毛や頭皮が乾燥しないよう、必要な油を作る作用も働きます。

 

青魚にもDHAやEPAの成分は豊富ですし、ナッツなどにたっぷりなαリノレン酸もオメガ3脂肪酸の仲間です。

 

髪の毛や頭皮が乾燥するのは、抜け毛・薄毛の原因になります。そんな乾燥しやすい環境からも、守ってくれる成分です。

 

抜け毛・薄毛を防ぐ食事には、ビタミン成分も欠かすことができません。すべての栄養素の潤滑油でもあるのが、様々なビタミン成分です。
心地よくて美しい髪の毛を作るためにも、ビタミン成分は必要になります。頭皮における代謝を向上させるためには、ビタミンAの栄養成分が役立ちます。

 

タンパク質の成分を、実際に髪の毛にしていくために、ビタミンB群も必須の栄養素です。
頭皮における血液循環を良くしますし、頭皮の健康状態も良くします。

 

コラーゲン生成を促進したり、髪の毛を太くしていくためには、ビタミンCがサポートになります。

 

すぐに結果は出なくても続けることが大切なので、栄養が偏っていると感じるなら食事内容を見直すようにしましょう。

 

 

【ストレス】

 

抜け毛・薄毛はある程度の年齢になってきた男性だと多くの人が抱える悩みであり、最近だと女性も悩んでいるというようなことが多くなってきました。
この抜け毛・薄毛の症状の原因は数多くありますが、その原因の一つとして大きな物になっているのがストレスです。

 

昔から「ストレスを溜めるとすぐにはげる」とジョークで言われることもありましたが、実はこれは嘘ではありません。

 

ではどうしてストレスが抜け毛・薄毛の原因になるのかというところで出てくるのが「血行」の問題です。

 

人の体にはさまざまな部位がありますが、健康な肉体を維持するにはその全てに血液を届ける必要があります。

 

しかし日常的に強いストレスを感じているというような人だと、自律神経という神経のうち交感神経が盛んに活動するようになります。

 

交感神経は戦う神経、活動の神経という異名で呼ばれることもありますが、この交感神経が盛んに活動している人の体の中では筋肉に血液を集中させ、すぐに活動状態に入れるような仕組みがあります。

 

しかしこの血液が筋肉に集中するということになると血液の流れは滞りやすくなり、頭皮に届く血液が不足して抜け毛・薄毛が引き起こされてしまうのです。

 

またよりシンプルなところで言えば、ストレスから身を守るために分泌されるホルモン自体が血圧をあげ、血管にダメージを与えるということも原因になってくるでしょう。

 

血管がダメージを受けてしまうと内部でかさぶたのような状態の部分、血栓ができるようになってしまい、血栓は人の血管を細くして血液の流れを妨げるようになってきます。

 

血液の流れが妨げられるというようになると当然血行不良が引き起こされ、やはり頭皮への血流不足による抜け毛・薄毛につながってしまうのです。

 

現代社会の生活において「ストレスを全く感じないで暮らす」ということはほぼ不可能なことです。

 

そのため多少であれば仕方のないことだとも言えるのですが、それはなるべく溜めすぎること無く、適度に発散していくのが抜け毛・薄毛予防に繋がるのです。

 

ストレスは免疫に異常をきたしてしまい、髪の毛の育成を妨げてしまいます。だから疲れたと感じたときには気分転換を行いストレスに感じないようにすることも大切です。

 

 

【酵素】

 

抜け毛・薄毛の原因は、遺伝的な物からストレスや食生活、睡眠不足などによる環境的要因、男性ホルモンが多くでることによって増えるとされています。

 

具体的な抜け毛・薄毛のメカニズムとしては環境的なもので代謝機能が低下することによって、頭皮の血行が悪くなってしまい栄養が髪の毛を育てる毛根に十分に行き渡らなくなってしまい、髪の毛が細く育ってしまったり太く長く成長する前に抜けていってしまうのです。

 

男性ホルモンによる抜け毛・薄毛は、男性ホルモンが毛根組織を攻撃してしまうことによって髪の毛のサイクルが狂ってしまうため、薄毛や抜け毛が起こるのです。

 

また、男性だけではなく女性にも抜け毛・薄毛は起こり、この原因は出産後や更年期障害によるホルモンバランスの崩れによって起こります。

 

これらの原因を踏まえて、抜け毛・薄毛をケアするためにはさまざまな方法があります。家庭で簡単にできる予防方法としては酵素を摂取したりすることがおすすめです。

 

酵素はダイエットや体質改善、アンチエイジングなどに効果的な成分です。
そのほかにも酵素には抜け毛を予防して髪の毛を育てる育毛効果があることも認められています。

 

酵素には肌を美しくすることも期待できますが、その効果は頭皮に対しても期待することができます。

 

つまり、薄毛の原因である皮脂のつまりや頭皮が固くなってしまっていることなどを改善する効果があるのです。

 

育毛や発毛に必要な頭皮の毛穴の余分な皮脂を除去して、育毛や発毛に適した頭皮環境を作ることが重要です。

 

酵素によって頭皮環境を整えることによって栄養が発毛を促し、抜け毛予防や育毛へと環境を整えます。

 

体の内側からのケアも大切ですが、そのほか頭皮環境を悪化させてしまうタバコや過度なアルコールを避けて、皮脂のつまりのもととなってしまう脂質や糖質を摂取しすぎない、ストレスを溜めずに栄養バランスのとれた食事をして、髪の毛を育てる時間に質の良い睡眠をとり、適度な運動で血行を促すなどの日常生活を改善していくことも重要です。

 

 

【タバコ】

 

 

抜け毛・薄毛の悩みも今は様々な改善方法がありますが、良い改善を得るためには、まずは抜け毛・薄毛の原因を知っておくことも大切です。

 

髪が薄くなる、抜ける原因は人それぞれ違いがあり、誰もが同じ対策をしても同じように改善できるというわけではありません。

 

まずは、どうして抜け毛・薄毛が増えているのかを知り、原因として考えられる要素はできるだけ取り除いていきたいところです。

 

まず、タバコは健康に良くないことで知られていますが、喫煙の習慣がある人はタバコが髪に及ぼす原因についても確認しておきましょう。

 

タバコにはニコチンが含まれていることで知られていますが、ニコチンを体内に取り入れると血管を収縮させてしまいます。

 

血管が収縮されると血流が悪くなり体には十分な栄養素が行き届かなくなってしまいます。
そして、髪も例外ではなく、タバコを吸うことで頭皮の血行も悪くなりますので、髪を育てるのに必要な栄養素が毛根に十分に届かなくなってしまい、それゆえに髪が抜けやすくなったり、成長しづらくなることが考えられます。

 

血行が悪くなってしまうことは、髪が抜けやすくなるだけではなく、冷え性を招いたり、頭痛や肩こりなどの不調の原因ともなります。

 

さらにタバコが切れるとイライラした気持ちになるという人も多いですが、こうした精神的なストレスも髪にはよくありません。

 

そしてタバコを吸うとビタミンCが大量に消費されることも知られています。

 

ビタミンCが消費されてしまうと体内に活性酸素も増えやすくなりますし、コラーゲンの生成にも影響があるビタミンですので、頭皮の状態を悪くしたり、髪の成長への影響も心配されます。

 

タバコが髪に与えている影響は決して少ないとは言えませんので、健康な髪を育てるためにはやはり禁煙は考えていきたいところです。

 

長年タバコを吸っていた人にはいきなり完全に絶つのは難しいものもありますが、健康な髪や体を作るためにもぜひ禁煙は成功させたいところです。

 

 

【睡眠】

 

 

睡眠は、髪の毛の成長にとって非常に大切です。

 

午後10時〜午前2時が成長ホルモン分泌のピークと言われ、髪の成長のゴールデンタイムと言われています。

 

その時間帯に睡眠をとることで多くの成長ホルモンが分泌され、効果的に髪の毛や頭皮環境を育てます。

 

博士も推薦!

リピーター続出!

育毛剤ランキング!

 

【最新情報】薄毛・抜け毛の原因記事一覧

【知られていない】髪の毛に良い食べ物

髪と頭皮を育む栄養素ミネラル類働き含有する食材例亜鉛たんぱく質の合成に関係緑茶・魚介類・抹茶・ひじき・のり・きなこ・味噌・豆腐・牡蠣銅過酸化脂質の生成を抑制する酵素の成分魚介類・レバー・ココア・豆類ヨウ素新陳代謝・成長に関与海藻・貝類・大豆・小豆・鶏肉ビタミン類働き含有する食材例ビタミンB2細胞の再...

≫続きを読む

 

【風呂上りが危険】薄毛になる過程

抜け毛や薄毛は、ある日突然なるものではないんです。徐々に、静かに進行します!後は本人がそれにいつ気付くかという問題です!多くの場合は、人に指摘されて気が付くようです。(明らかにハゲでくれば別ですが・・・)まず、最初に意識するのが風呂上りでしょう。髪が濡れた状態だと地肌が結構見えて焦る人も多いと思いま...

≫続きを読む