AGA副作用

薄毛・抜け毛が改善

諦めるのはまだ早い!

おすすめ育毛剤

AGA(男性型脱毛症)治療の副作用について

男性に発症するAGA(男性型脱毛症)は非常に大きな問題になる存在です。

 

一度発症が確認された後は治療に打ち込んでいかなくてはならなくなるわけですが、そこで治療として採択されるのは基本的に当薬による治療です。

 

最近だとHARG療法(幹細胞から抽出された、発毛するために必要な栄養分を効率的に頭皮下に届ける事で、 頭皮をかつて毛髪が生えていた状態に戻すという治療法)などの新しい治療法も出てきてはいますが、そうした方法はかなり高額になりますから、基本となるのはまだ当薬でしょう。

 

では、このAGA(男性型脱毛症)の為に薬を用いるということで何か副作用は無いのかというと、医薬品である以上副作用は存在しています。

 

まずAGAの治療で最も用いられやすいプロペシアについてですが、プロペシアの副作用としては性欲減退と男性機能の低下があると指摘されています。

 

なぜそうした副作用が起きるのかということはまだ明らかにはなっていませんが、服用した人全体を見るとその1.8%ほどに性欲減退と男性機能の低下が見られるという報告がされています。

 

割合から見れば少ない方だと言えますし命の危機に直結するようなものではありませんが、もともと男性機能に問題があるというような人の場合は服用に際して医師の指導と助言を求める必要があるでしょう。

 

次にインターネットなどでも人気の高いミノキシジルですが、ミノキシジルに関しては全身の体毛が濃くなる、血圧が低下すると言ったようなことが挙げられます。
全身の体毛が濃くなるということはまだ剃るなどで対応できますが、問題となるのは血圧低下の方です。

 

通常もしくは高血圧とされるような人であればそこまで大きな問題にはなりませんが、もともと低血圧気味の人や、高血圧によって降圧剤を服用している人はミノキシジルを服用するべきではないでしょう。

 

特に狭心症などを抱えていて日常的にニトログリセリンなどの医薬品を必要としている場合、併用することによって効果が相乗し、危険二期まで血圧が低下することも考えられます。

 

AGA治療のためにどういったアプローチをとるかは重要です。
副作用の存在もしっかり考え、専門医と相談の上決断するようにしましょう。

博士が解説!

知って得する

AGA治療の相場

関連ページ

AGAヘアサイクル
正常なヘアサイクルとAGAのヘアサイクル!その決定的な違いとは?
AGA遺伝子検査
男性・女性別に薄毛・細毛化の原因をAGAドッグで簡単チェック!
AGA治療クリニックに行ってみた!
AGA治療クリニックってどんな感じ?なかなか敷居が高くて行く勇気がでない・・・。そんな方は、必見です!