AGA治療クリニック

薄毛・抜け毛が改善

諦めるのはまだ早い!

おすすめ育毛剤

AGA治療クリニックに行ってみた!

AGAは男性型脱毛症のことで成人男性で多く発症する薄毛や脱毛といった症状を指し示しているものです。

 

もともと男性の場合には加齢とともに毛が薄くなり、最後にはハゲてしまう傾向にありますが、そうなる年齢は人によって異なります。そのため若いうちからAGAになり悩んでいる人も多くいます。

 

以前は効果が疑わしい育毛剤で対策するしかありませんでしたが、現在はAGAのメカニズムがある程度解明し、またその治療に必要な薬も開発されておりクリニックで治療を受けることが可能になっています。

 

AGAクリニックで行われる治療は、投薬が基本になりますが、その前に検査を行い原因を探るのが一般的です。

 

一部のクリニックでは薬だけを出すといった傾向にありますが、脱毛を引き起こす原因は複数あり、それらを見定めた上で行う必要があります。そのためクリニックでもしっかりと見識のあるところを選ぶ必要があります。

 

男性型脱毛症であると判明した場合には、内服薬や外用薬による投薬が行なわれます。
内服薬に使われるのはフィナステリドを主成分としたものであり、外用薬ではミノキシジルを主成分としたものが処方されます。

 

フィナステリドはもともとは前立腺肥大症を改善するために作られた薬で、男性ホルモンに影響するものです。

 

男性型脱毛症の原因は男性ホルモンによって発生するDHTと呼ばれる成分が脱毛部に多く蓄積することで毛の成長を阻害していることが判明しており、フィナステリドではそのDHTの発生を阻害するといった作用を持っています。

 

またミノキシジルはもともとは血圧降下剤として開発されたものですが、副作用として発毛が確認され、発毛剤としても使われるようになったものです。
元は内服薬ですが、治療で使われるものは外用薬で、気になる場所に塗布することで、血管拡張と血行促進の両方の効果から発毛を促すことになります。

 

なお、クリニックでは、投薬のほかにも成長に必要な栄養素を補給するためのサプリメントも処方されるケースがあります。

 

また近年では成長因子を利用した治療も行なわれる傾向にあります。成長因子は薬ではないため効果が実証されているものではありませんが、ヒト由来のものが使われているのでミノキシジルやフィナステリドといった薬に比べて、副作用のリスクが低いといったメリットがあります。

 

また内服や外用ではなく直接、注射器などを用いて体内に注入するといったものも行なわれています。

博士が解説!

知って得する

AGA検査の相場

関連ページ

AGA治療の副作用
AGAの治療方は、年々進歩していますが、副作用もあります。副作用をしっかり理解したうえで治療に臨みましょう。
AGAヘアサイクル
正常なヘアサイクルとAGAのヘアサイクル!その決定的な違いとは?
AGA遺伝子検査
男性・女性別に薄毛・細毛化の原因をAGAドッグで簡単チェック!