AGA治療

薄毛・抜け毛が改善

諦めるのはまだ早い!

おすすめ育毛剤

最新AGA治療事情

男性型脱毛症「AGA」は現在、日本人男性の4人に1人が発症していると言われ、男性ホルモンの働きが大きく関与した脱毛症です。

脱毛症という名前がついているように、髪が徐々に薄くなるの薄毛の症状です。
AGAは、進行性の脱毛症なので、放っておくと症状が悪化します。

 

男性ホルモン「テストステロン」は、5αリアクターゼという酵素の働きにより、ジヒドロテストステロンへと変化してしまうと、毛根にある毛乳頭の働きを阻害します。
毛乳頭は髪を作る司令塔のような機関ですので、ここの働きが弱まってしまうと、当然薄毛は進行してしまいます。

 

また、ジヒドロテストステロンは、加齢や喫煙、ストレスを感じることにより分泌量が増えることが知られています。

 

前頭部の髪をかき上げた時に、生え際より少し手前に産毛(軟毛)がまばらにありませんか?
ある場合は、生え際が後退している証拠なので、AGAの兆候と言えるでしょう。

 

AGAの場合、生え際と頭頂部が「軟毛」という、細くハリの無い髪になる点が特徴です。
そのままにしておくと、どんどん薄毛は進行してしまいますが、毛根自体は残っている為、治療を受ける事で太く健康的な髪を育てる事が可能となっています。

 

 

最新のAGA治療事情について

 

今まで、治療といえばプロペシアやミノキシジルといった、内服薬が一般的でした。

 

プロペシアはジヒドロテストステロンの生成を抑制する作用が、ミノキシジルは頭皮の血行を改善する作用のある内服薬です。

 

内服薬による治療も今現在でも行われていますが、最近はより発毛効果に優れた、最新の治療法を行うクリニックが増えつつあります。

 

最新の治療事情としてキーワードとなるのが、「注入」です。
育毛メソセラピーハーグ療法という、最新のAGA治療は発毛を促す有効成分を、頭皮に直接注入するのが特徴です。

 

育毛メソセラピーではプロペシアやミノキシジル、発毛をサポートする各種ビタミンを注入します。

 

ハーグ療法はグロースファクターという成長因子を注入し、髪の細胞分裂を促す治療となっています。

 

内服薬だけでは物足りないと感じる方が、育毛メソセラピーハーグ療法を受けるという、治療事情があるようです。

 

育毛メソセラピーは1回につき、約2万円から7万円程度、そしてハーグ療法は約8万円から15万円かかる為、決して安い治療ではありません。
ですが、優れた発毛効果を発揮する為、年々これらの治療を受けるケースは増えています。

 

AGAは、遺伝的要素が強いです。
「母方の祖父母」に薄毛の人がいるとAGAの発症確立が高くなります。

 

博士が解説!

知って得する

AGA治療の相場

【意外と知られていない】最新AGA治療事情記事一覧

AGA(男性型脱毛症)治療の副作用

男性に発症するAGA(男性型脱毛症)は非常に大きな問題になる存在です。一度発症が確認された後は治療に打ち込んでいかなくてはならなくなるわけですが、そこで治療として採択されるのは基本的に当薬による治療です。最近だとHARG療法(幹細胞から抽出された、発毛するために必要な栄養分を効率的に頭皮下に届ける事...

≫続きを読む

 

【注意】AGAのヘアサイクル

正常な髪の毛のヘアサイクルは、「成長期」「退行期」「休止期」「新生期、脱毛期」に分けられます。しかし、AGAのヘアサイクルは、「成長期」が短くなり、髪の毛の成長が不十分のまま「退行期」へと向かいます。AGAになると髪の毛の成長期が短くなり、髪の細毛化や抜け毛が促進されます。AGAのヘアサイクルの状態...

≫続きを読む

 

あなたの薄毛は遺伝?自宅で簡単AGA遺伝子検査!

AGA治療詳細無料カウンセリングサービス中↓↓↓↓↓自宅で簡単AGA検査(プライバシー厳守)詳しくは、こちら↓↓↓↓↓AGAとは男性型脱毛症のことをいいます。若くしてAGAの症状で悩む人も少なくありません。薄毛は精神的にもポジティブからネガティブへと変化させがちです。そうなるとせっかく女性との出会い...

≫続きを読む

 

AGA治療クリニックに行ってみた!

AGAは男性型脱毛症のことで成人男性で多く発症する薄毛や脱毛といった症状を指し示しているものです。もともと男性の場合には加齢とともに毛が薄くなり、最後にはハゲてしまう傾向にありますが、そうなる年齢は人によって異なります。そのため若いうちからAGAになり悩んでいる人も多くいます。以前は効果が疑わしい育...

≫続きを読む